Site hosted by Angelfire.com: Build your free website today!

はんこナビ


Q.91
「印鑑は判を押した跡を指すので、印鑑を印鑑といってはならない」と、 銀行出身の...

「印鑑は判を押した跡を指すので、印鑑を印鑑といってはならない」と、 銀行出身の先生に習った気がするのですが、正式にはどのような言い方をすればいいでしょうか? いけないことだけ憶えていて、肝心の内容をすっかり、忘れています。 周りでは「印鑑、持ってきて」というので、それでもOKになったのだろうか?と、悩んでいます。 「はんこを持ってきてください」では、軽く見られるような気がします。 正式には何と言えば良いのでしょうか?


A.91
「印鑑は判を押した跡を指すので、印鑑を印鑑といってはならない」と、 銀行出身の のベストアンサー

正式には「印の真偽を鑑定するために、市区町村長などにあらかじめ届け出ておく特定の印(実印)の印影」を印鑑と言いますので先生のおっしゃってることは間違ってはいませんが、現在では印そのものも印鑑と呼ぶことはごく一般的になっていますので、特に問題はないと思います。 ただ100円で売っているような「はんこ(俗に言う三文判)」は印鑑と呼ぶのは大げさすぎます。 主に実印を「印鑑」、その他は決められた用途に応じた名称(銀行印、認め印など)で呼称し、それ以外の三文判は「はんこ」でよいと思います。 印(いん)・印章(いんしょう)という呼び方もありますが、口語にすると他の言葉と混同されやすい音ですので、上記の呼び方が適切だと思います。



 はんこ屋  

Q.92
印鑑は中国が発祥ですが、中国にも実印や印鑑証明というのはあるのですか?それとも...

印鑑は中国が発祥ですが、中国にも実印や印鑑証明というのはあるのですか?それとも、はんこ社会というのは日本独特のものですか?


A.92
印鑑は中国が発祥ですが、中国にも実印や印鑑証明というのはあるのですか?それとも のベストアンサー

印鑑の由来 印鑑の制度は中国からアジア各地に伝わったとされますが、起源ははっきり しません。 ちなみに、欧米諸国では今日、印鑑を押す習慣はありません。 他の国々も、中国などごく一部の例外を除き、印鑑の習慣・制度はないようですね。 日本独特のようです。
http://www.hankoya.org/rekisi.html



   

Q.93
友人から結婚の保証人にはんこをもらいたいと言われました。無知ですいませんが、結...

友人から結婚の保証人にはんこをもらいたいと言われました。無知ですいませんが、結婚する時に他人が保証人として印鑑は必要なのでしょうか?またなにか問題がある場合はありますか?


A.93
友人から結婚の保証人にはんこをもらいたいと言われました。無知ですいませんが、結 のベストアンサー

婚姻届にも離婚届にも、本人達以外に成人二人の署名が必要です。 まあ、偽装結婚じゃないですよって証明程度というか・・・。 持ってきた書類がそれ以外のものなら怪しいですが、婚姻届なら大丈夫。 婚姻届の証明を頼まれるなんてあなたの事を大切な友人だと思ってくれている証拠ですよ。



 
 

Q.94
オークションで落札者の方から領収書を求められたので、昨日、買いに行ってきました...

オークションで落札者の方から領収書を求められたので、昨日、買いに行ってきましたが、個人で領収書を発行する場合、住所と名前のはんこの上に更に印鑑(銀行などで使う苗字の印鑑)も押さなくてはならないのでしょうか?


A.94
オークションで落札者の方から領収書を求められたので、昨日、買いに行ってきました のベストアンサー

はい。印鑑は必要です。名前の端に重なるように押印して下さい。



   

Q.95
どうして、何から何まで日本は、はんこ(印鑑)社会なのですか?文化や法律的なもの...

どうして、何から何まで日本は、はんこ(印鑑)社会なのですか?文化や法律的なものですか? アメリカ在住。


A.95
どうして、何から何まで日本は、はんこ(印鑑)社会なのですか?文化や法律的なもの のベストアンサー

私も気になって調べたことがあります。 その時に得た自分なりの結論↓ 判子を一般人が使うようになったのは江戸時代。 太平の世になって、全国で人別帳(戸籍)が作られるようになった。 加えて商業も活発になった。 ところが、契約をする際の書面に名前を ちゃんと書くことができる人は少なかった。 そこで、署名の代わりになって、しかも信頼できるものとして判子が使われるようになった。 代官所に農民の印鑑証明が提出されている例もあります。 判子が無い場合は手証文(手のひらが判子)でした。 そういう基礎があった所に、明治時代になって、 正式な書類には印鑑が必要という法律ができた。 役所に出す書類には印鑑。ということで、 一気に誰もが印鑑を持つようになりました。 今、商売を続けている印鑑屋のほとんどが、 創業100年前後です。 実はサインも明治時代に導入されたそうですが、 判子の方が楽だったので全く普及しなかったそうです。



   


トップページ




Copyright(C)はんこナビ